ひみつのトマト

ひみつのトマトとは?

都心部ビル屋上での『ひみつのトマト』栽培」は、都市部の販売・消費場所を栽培場所にし、一般的に2、3日必要とされる収穫後の流通の過程をなくし、完熟の状態で収穫すること可能です。
そのため食味・栄養素の充実が優れたのトマトを提供することができる事に加え、フードマイレージ(収穫後流通時の時間、費用、排ガス等)の減少に繋げる事ができる事や、都心部に栽培現場があることで、より内容の充実した食育プログラムへの貢献、都市緑化による環境政策にもつながる可能性の持ちます。  
企業等のビル屋上を野菜の栽培場所としての利用により、少スペースでの野菜栽培方法と共に、各家庭での生ゴミ堆肥の作成・活用方法を紹介し、循環型園芸の活用モデルを提示し、この取組みや収穫青果を介して桑園地域のブランディング、コミュニティーの活性化を図るプロジェクトです。

Placeholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder imagePlaceholder image